RMライブラリー209 米子を走った電車

ホビダスNo. 117177
商品種別 通常商品
在庫 ×
発売日 2016年12月21日
税込価格
1,350円
この商品は売り切れました
大正末期、米子の町では二つの電車路線が開業しました。
 一つは1924(大正13)年に開業した法勝寺鉄道で、その後伯陽電鉄、山陰中央鉄道、そして日ノ丸自動車と社名を変わったものの、地元では“法勝寺電車"の愛称で親しまれ、1967(昭和42)年まで走り続けました。
もう一つは米子市内を皆生温泉まで走った路面電車である米子電車軌道でした。
こちらは1925(大正14)年に開業し、今日の皆生温泉発展の礎となりましたが、1938(昭和13)年には早くも廃止されました。
 本書は、米子市を走った、この2つの鉄道について解説するものです。
ご購入はこちら
表示モード: スマートフォン | PC
ご利用案内
配送方法
時間指定について

宅急便・メール便(クロネコDM便) 可能


詳しくはこちら
支払い方法について

銀行決済
(ネットバンキング・ATM決済)
代金引換
Pay-easy利用可能金融機関一覧

詳しくはこちら
ご注文はこちら

お電話でのご注文

0120-958-220

電話注文:午前10時〜午後6時
(土・日・祝日は定休日)

お問わせフォームはコチラ